難聴で障害厚生年金3級を受給できたケース

相談者:男性 (50代)/システム関係勤務
年間受給額:751,300円

・相談時の状況

相談者様はシステム関係の会社に勤務されていらっしゃいました。

相談者様は補聴器をつけていても、アナログ音声(マイクやスピーカーの音)が聞き取れず、言葉として認識できないという状況でした。

障害年金のことは当センターのHPを見て知り、安心できそうな雰囲気だったのでご自身が障害年金に該当するかどうか相談したいということで、当センターの無料相談を申し込まれました。

・依頼までのサポート

障害年金の審査官が相談者様の状況を具体的に理解できるように、あらかじめ相談者様から詳細にヒアリングし、打ち合わせを行いました

申立書をできる限り万全の状態にして、申請しました。

・結果

障害厚生年金 3級の受給を獲得し、年間の総額で約75万円の受給が決定しました。
相談者様およびご家族様からも大変感謝されました。

長年にわたって苦しまれていた症状が、障害年金の受給へと結びつくケースもあります。
一度お早めに専門家の無料相談を受けられることをお勧めいたします。

その他(人工透析・人工関節など)の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0120-992-462 受付時間:6:00〜24:00 365日対応 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら