多発性筋炎で障害基礎年金2級を受給できたケース

相談者:女性(30代)/無職

傷病名:多発性筋炎

決定した年金種類と等級:障害基礎年金2級

支給月から更新月までの総支給額:200万

・相談時の状況

発症・初診は30年程前で、発熱や体のだるさから、近医を初診。

初診後1か月経っても体調が良くならないため検査を行ったところ「膠原病」と診断された。

通院は定期的に行っていたが、投薬等により20歳頃には就労できるほどに症状が安定していた。ところが、結婚・出産を経て家事・育児・仕事をこなしていく中で体調が徐々に悪化し、退職、長期の入院をすることになった。

・依頼から請求までのサポート

膠原病の方は、御自身の障害状況をどの診断書で医師に証明していただくかがポイントです。

病歴が長いケースもあるため、丁寧なヒアリングと諦めない姿勢で、当時の状況確認をすることが大切です。

病院への確認や手続きを進めていく上でご本人が思い出して下さったり、当時の資料が出てきたこともあり、国民年金での請求が可能になりました。

・結果

障害基礎年金2級の受給が決定しました。

難病指定の疾患でありますが、認定されるか不安な部分もお持ちでした。

一時は諦めていた障害年金の受給により、大変感謝されました。

その他(人工透析・人工関節など)の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0120-992-462 受付時間:6:00〜24:00 365日対応 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら