慢性腎不全で障害厚生年金2級を受給できたケース

相談者:男性(40代)/会社員

傷病名:慢性腎不全

決定した年金種類と等級:障害厚生年金2級

支給月から更新月までの総支給額:500万

・相談時の状況

20代前半に体調が悪くなり近医を受診し、糖尿病と診断を受ける。その後、入院や通院、転院を繰り返し、合併症に悩まされながらも何とか暮らしていたところ、急激に体調が悪くなり透析を行うこととなった。

・依頼から請求までのサポート

初診時の医療機関が廃業していたことや過去に受診した医療機関の書類が存在しなかったため、「初診時において厚生年金被保険者であったこと」を証明することが当初困難でした。

20年以上前のことでしたので、想定していたことではありましたが、根気強くお話しを伺っていたところ、当時の状況を覚えていた「第三者」や「その記憶を裏付ける書類」にたどり着くことができました。

糖尿病をはじめとした疾患は、「初診時」の資料をあつめることが困難なケースが多くありますが、ほんのささいなことでも、きっかけになることがございます。

・結果

障害厚生年金2級の受給が決定しました。

仕事をしながら治療に専念する時間と費用を賄うことができて大変助かったとのお言葉をいただきました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談受付中! 0120-992-462 受付時間:6:00〜24:00 365日対応 無料相談会予約受付中
無料診断実施中! 簡単1分受給診断 障害年金無料診断キャンペーン あなたは障害年金をもらえる?もらえない?どっち? 障害年金は多くの方が受給できる可能性のある年金です 無料診断はこちら